« 幻の地酒屋台? | トップページ | 宮部みゆき「あやし−怪」! »

2005/08/20

昭和の町の地酒星人

夕暮れ、ふと迷い込んだ町は昭和30年代の町並み。

真っ赤な夕日を浴びて、地酒星人が佇んでいました。

空には赤トンボも舞い始めているようです。

まだまだ暑いですが、何となく秋の気配も感じられるようになりました。

残暑お見舞い申し上げます。

sunsetscene

背景に使った建物は、「昭和情景博物館」という食玩シリーズです。昭和30年代の懐かしい商店や路面電車が全7種類。これを買いそろえて机に並べてなごんでいます(笑)。

|

« 幻の地酒屋台? | トップページ | 宮部みゆき「あやし−怪」! »

コメント

プロフを拝見しますと…ほぼ同世代でしたね。
テレビ中継は白黒。お昼の一時は休憩なのか、砂嵐だったのを覚えてますか?

投稿: 煮酒 | 2005/08/20 11:26

小学校にあがる前は白黒テレビでした。たまに画面の右下あたりに「カラー」と表記されていて、子供心に不思議に思っておりましたところ、やがて我が家にカラーテレビがやって来ました。
この放送はカラー放送であるという事の表記だったんでしょうね。

お昼の一時休憩は記憶にないのですが、しょっちゅうなんらかの事故で放送が中断していたのを覚えています。それでも家族がじーっと再開されるのを待っていたのを覚えています。
のんびりとした時代でした。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/20 11:46

何で、こういうレトロな町並みに「夕焼け」って似合うんでしょうね。
大村崑さんの「オロナミン〇」の看板なんかがあればハマリますよね。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/21 07:46

いいなぁ~。
私も、ほしくなってしまいます。
でも、高いかなあ。
私には贅沢品です。(笑)

で、これもまた、書かはったんですか?
CGっていうことになるのでしょうか?
とにもかくにも、私は絵を描く才能が無いので、尊敬します。

そういえば、「三丁目の夕日」が映画化されるんでしたよね?

懐古主義者ではありませんが、昔は、やはり、懐かしく、あたたかい時代だったように思います。
時の流れは止められませんが・・・。

投稿: はんな | 2005/08/21 11:00

ビンゴな時代に生まれたワケではないのですが
こういう風景(BGMは「カァー、カァー」)を見ると
なぜだかとっても懐かしいような感じになってしまいます。
不思議です・・・。

投稿: まき子 | 2005/08/21 13:19

《 山輝亭さん 》
やはりレトロな町並みと夕日はセットですよね。
私の子供の頃でも、実際はこういう板壁の家が続いている通りなどは、あまり無かったのですが・・・。なんかイメージとして固定していますよね。


《 はんなさん 》
これは写真とCG(地酒星人と夕焼け空)の合成です。遠近感が今イチうまく出ていなくて、若干不満があります(汗)。
>そういえば、「三丁目の夕日」が映画化されるんでしたよね?
そうらしいですね。昨今は懐古ブームみたいですからねえ。

しかし、京都の方の場合、ここ数十年の懐古なんか笑っちゃいませんか?
まわりに数百年、千年単位のものがたくさん有りますからね・・・。


《 まき子さん 》
(BGMは「カァー、カァー」)
それと豆腐屋のラッパ。あとは空き地で遊んでいる子供達を呼ぶ母親の声でしょうか。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/21 14:57

わ~、これ、ポスターとかハガキにして欲しいです!いいなぁ。
時代は違うのに、何故か懐かしいです。私の子供の頃は、多少そういうのが残っていた気がします。

投稿: あっき | 2005/08/21 16:12

>ポスターとかハガキにして欲しいです!
そう言っていただけると嬉しいです。

>時代は違うのに、何故か懐かしいです。
不思議ですよねえ。ウチの小学生の子供まで「なつかしいねえ」なんて言ってますけど。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/21 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5551825

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の町の地酒星人:

« 幻の地酒屋台? | トップページ | 宮部みゆき「あやし−怪」! »