« 駿・純米酒! | トップページ | 地酒の怪談(2) »

2005/08/31

銀嶺月山・純米大吟醸!

初めて飲みます。山形県寒河江市の銀嶺月山
これは純米大吟醸の300ml瓶。特別限定酒との事です。
銀嶺月山は、みみずさんのブログでよく拝見していて、その内飲みたいと思っていました。(みみずさん絶賛の和醸良酒ではないのですが・・・)
出荷が今年の1月だったのでヒネが少し心配でしたが、火入れもされているようだしと思い、購入。

gassan栓を開けると、純米大吟醸らしい、なんともエレガントな吟醸香が立ち昇ります。
口に含むと、純米らしい甘み・旨味のアタックの後、舌の中程でまるで淡雪が溶けるが如く、スーーッと消え去って行きます。余韻として少し強めの酸を残しながら。
なんとも上品な風味をした酒ですね。
やや難を言えば純米のわりには薄口にも感じられるところですが、個人の好みの範疇だと思います。
心配したヒネは微塵もなく、旨い酒でした。

【スペック】
銀嶺月山・純米大吟醸300ml/月山酒造(山形県寒河江市) 使用米:不明 精米歩合:40% 使用酵母:山形酵母 日本酒度:+3 酸度:1.2 アルコール度数:16度以上17度未満 価格:1050円 購入場所:枡屋(四谷) 出荷年月日:05.01

|

« 駿・純米酒! | トップページ | 地酒の怪談(2) »

コメント

最近、山形のいい日本酒に出会っていないので、こういう記事を見ると山形の日本酒ファンとしては嬉しいです(なんかみみずさんみたいですね 笑)。

この時期のお酒選びは大変ですが、よく1月の物を買いましたね!?

投稿: 山輝亭 | 2005/08/31 08:13

銀嶺月山は、他のグレードも飲んでみたいと思いました。

>よく1月の物を買いましたね!?
火入れがされていて、しっかり造られていれば大丈夫かなあ、と思いました。
ヒネていれば、それはそれまでの酒であったと・・・。でも、4合以上だったら買わなかったもしれません(苦笑)。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/31 09:51

山形の酒は好きでよく飲みますが、この酒は知りませんでした。僕は重い酒は苦手なので、やや薄口だと結構好みかもしれません。4合瓶はないんでしょうかね。

投稿: あつし | 2005/08/31 10:00

>4合瓶はないんでしょうかね。
気になって検索してみましたら、あります。4合瓶。
しかも検索最上位はセブンイレブンの通販でした(^^)。
ムム・・・やるな、月山酒造。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/31 10:34

日本酒がまるで生鮮食料品のように扱われていることに驚きです。
生物ですが生鮮食料品ではないです。

投稿: 煮酒 | 2005/08/31 11:14

ああ、煮酒さん、おっしゃりたい事はわかります(汗)。
純米クラスの酒の熟成はなんとなくわかって来たつもりですが、大吟醸クラスですと経験値が圧倒的に不足しています。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/31 12:40

気に入っていただけたようで、ほっとしました。
コメントからすると、わたし好みの方の月山のようですね。
 
火入れなので、品質は私も全く問題ないと思いますが、
問題は価格。
私もこれはよく見かけるのですが、
値段を見て躊躇していました。
はずれの方の月山だったらちょっと悲しい値段です。

投稿: みみず | 2005/08/31 12:47

あたりの方の月山を飲まれたのですね~。
私も東北旅行土産で「月山の雪」を買って飲んだのですが
はずれの方でした・・・。
やっぱり純米大吟ともなると300mlでも高いんですね~。

投稿: まき子 | 2005/08/31 13:11

《 みみずさん 》
おかげさまで、なんとかあてる事が出来ました(^^)。
みみずさんの和醸良酒の記事を読んでから、銀嶺月山イコール良い!と信じていたので、外れも有るというのを後から認識した次第です。
あぶない、あぶない。


《 まき子さん 》
同じ蔵でもあたり外れが有るというのは、仕方ないにしろ、酒って複雑ですね〜。
でも、それが地酒の面白いところでもありますからね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/31 14:59

当たり外れはBYにも注意ですね。

投稿: 煮酒 | 2005/08/31 18:14

ワインの場合は、当たり年というものがあるらしいですが、日本酒にもそういった年はあるのでしょうか? 酒米の出来がよかった年とか・・・。

投稿: 地酒星人 | 2005/09/01 02:27

地酒星人さんのお酒のコメントいつも楽しみ
ながら読んでいます。とてもお酒の雰囲気
が伝わってきます。お酒のスペックも勉強に
なります。

投稿: きお | 2005/09/01 20:16

いやいや、きおさん。
おだてても何も出ませんよ!? (^^)

>とてもお酒の雰囲気が伝わってきます。
「言語化」といつも呼んでいるんですが、酒を口に含みながら眉間に皺を寄せ、言葉を探しています。少ないボキャブラリーでいかに皆さんに伝えるかが、毎度の苦労です〜(汗)。

投稿: 地酒星人 | 2005/09/01 20:41

酒造年度は押さえておくべきことですぞ。
単にお米の出来ということもありますが、酒造期の天候、気圧など関係します。

お米の出来が悪い年に杜氏が俄然腕を振るっていい酒になることってあります。

また、お酒は一年位で本当は消費したり評価したりするものではないので、何年熟成年数があるかを見るのにも便利です。(瓶詰め年月日はあんまり意味が無い・・・管理の良い蔵、管理の良い酒屋経由であれば)

投稿: 煮酒 | 2005/09/01 22:05

>単にお米の出来ということもありますが、酒造期の天候、気圧など関係します。
いつもながら、日本酒って難しいなあ、と思ってしまいます。

>お米の出来が悪い年に杜氏が俄然腕を振るっていい酒に
そういう事が出来る杜氏って、カッコ良いですね。プロフェッショナルです。

>お酒は一年位で本当は消費したり評価したりするものではないので、
これから日本酒が向かって行きたい方向ですよね。

投稿: 地酒星人 | 2005/09/02 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5717284

この記事へのトラックバック一覧です: 銀嶺月山・純米大吟醸!:

« 駿・純米酒! | トップページ | 地酒の怪談(2) »