« 東北泉・純米カップ! | トップページ | 四季桜・純米生貯蔵! »

2005/08/09

オフィス古酒!

ある時は普段使わないキャビネットの中。
またある時は給湯室の足下の薄暗い棚の中。
どこの会社やオフィスにも有るのでは・・・
いや!必ず有る筈だ!
それは誰も手をつけていない、あるいは少し飲んであるけどそのまま放置されている日本酒
いつから有るのか良くわからない。
誰が持って来たのかわからない。
社員の休暇みやげだったのか?取引先からの贈り物だったのか?
邪魔であるのだが、捨てるわけにいかない。
かといって、飲むのは気が引ける。
そう、そんな日本酒が全国のオフィスに何千、いや何万本と有る事でしょう!
人呼んで、これを「オフィス古酒」と言う。
(言わない!という声が???)

翻って、地酒星人の会社にも例に漏れず存在しているのです。
そう、それは物置兼作業場として使っている一室。普段は人が入って来ない部屋にいつからか置かれている「オフィス古酒」。
今日は禁断のこの酒の封印を解いてみる事にしましょう。

いつも使っているオフィスの一階下に、例の部屋は有ります。
カードキーを使い、入室。
部屋の隅に古い資料を入れて有るキャビネットが立ち並んでいます。
その奥に冷蔵庫。さらにその奥の棚の上に「ブツ」は置いて有りました。
4合瓶の化粧箱がひとつ。かつては純白だったと思われる箱ですが、今ではすっかり黄ばんでベージュ色になっています。

ok-1

手にとりますと、ズシッとした重みが。
「これは酒がまだ入っている!」一気に緊張度が高まります。
恐る恐る箱を開けると、出て来ました。
武甲正宗・純米吟醸

ok-2秩父の酒のようです。この中途半端な地理がさらに謎を感じさせますが、詮索しても今さらわかるわけではありません。
すでに栓は一度開けられているようです。わずかに酒が減っています。
出荷年月日を見てみますと・・・
「H9」という字が目に飛び込んで来ました。
平成9年・・・そうです、
この酒は8年ものの古酒だったのです。
比較的暗い場所に箱入りで置かれていたので、光に関しては問題無いでしょう。
ただ、普段人があまり使用していない部屋なので冷暖房はあまり使用されず、夏は夏なりの、そして冬は冬なりの室温保存であったわけです。

会社に有ったビールグラスに少量注いでみます。
見事な琥珀色です。香りはやはり、いわゆる古酒のそれ。
紹興酒的な感じも有ります。

 

口に含んでみます。これもやはり古酒の味(当たり前です。)
強い熟成香と濃厚且つ強めの酸味を感じます。
古酒らしく、チビリチビリとしか飲み進める事が出来ません。
それでも元が純米吟醸であったという事で、特別変質しているような事は無く。
放置されていた割には、真っ当な古酒になっていると言えるでしょう。

ok-3

という訳で、ほんの一口味見をしてみました。
でも、それ以上飲む訳には行きません。
何故って?
それは誰の酒かわからないから。
そう、これこそが「オフィス古酒」が増殖を続ける最大の理由なのです・・・。
再びこの古酒は長い眠りにつく事でしょう。
次に日の目を見る時には、一体何年古酒となっているのでしょうか。

その日まで、さ・よ・う・な・ら〜・・・。

【スペック】
武甲正宗・純米吟醸900ml/武甲酒造(埼玉県秩父市宮側町)使用米:不明 精米歩合:不明 アルコール分:16度以上17度未満 価格:不明 購入場所:不明 出荷年月日:97.03

|

« 東北泉・純米カップ! | トップページ | 四季桜・純米生貯蔵! »

コメント

「オフィス古酒」ですかぁ(笑)。いいネーミングです。
そうすると日本酒を飲まない家庭にも、贈り物としてやってきて放置された「可哀想な古酒」が存在しそうですね。

そうなると、日本酒の販売量と消費量には大きな隔たりがあるのですね。
報道されているよりも日本酒は飲まれていない事になりますね・・・。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/09 06:42

出荷日付と製造日付は必ずしも一致しませんから、正確には「8年以上古酒」でしょうね。

投稿: 煮酒 | 2005/08/09 08:52

以前、冷蔵庫版7年オフィス古酒を飲んだことがあります。銘柄も聞いたことのない本醸造でしたが、これが紹興酒っぽさもなくなかなかまろやかでした。ただ寝かせるだけでは高級酒の味わいにはならないようですが、結構楽しめますよね?えらい時間のかかる遊びですが。

投稿: あつし@暴飲族 | 2005/08/09 09:32

《 山輝亭さん 》
日本酒をあまり飲まない家庭に高価な酒が贈られて来たりすると、へんにありがたがって、ず〜っと飲まないという事が良くあるらしいです。
茶色く変色している越乃寒梅なんていう話をよく聞きますよね。日本酒の保管に対する知識がほとんど浸透していませんからねぇ。


《 煮酒さん 》
>正確には「8年以上古酒」でしょうね。
たしかにそうですね。こういう場合は「8年以上古酒」と言うのですね。
造ってから一年寝かせての出荷だったりすると、9年になりますからね。


《 あつし@暴飲族さん 》
やはり冷蔵庫保管ですと違うのでしょうね。今回の「オフィス古酒」も筋は悪くない酒だと思いますので、冷蔵ですと良かったのですが・・・。
でも冷蔵庫の場合、8年もあるとさすがに途中で整理されそうですが。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/09 12:06

オフィス古酒ですか~今自宅で常温熟成をしていて興味があるのですが、わが社にオフィス古酒があっても所有者不明のお酒を飲む勇気が・・・・??これって会社の人間を信用しているかどうかにもかかわってきますかね・・・・(苦笑)

投稿: 酔ゐどれ | 2005/08/09 12:19

いや~、単なる放置されたお酒でこれだけ書けるのはすごい!
やっぱり視点が違いますね。
単純バカの私としては、反省しなくてはいけません。
 
我が職場にも持ち主の分かっているオフィス古酒(冷蔵)が何本かあります。
その持ち主は私、
酒は黒龍垂れ口生原酒。
古いものは十年以上になるかも・・・・・・
段ボールに入れてすっかり忘れていました。

投稿: みみず | 2005/08/09 12:50

《 酔ゐどれさん 》
>所有者不明のお酒を飲む勇気が・・・
このコメントで気がついたんですが、たしかに入っているのが酒とは限らないですよね。誰かが怪しい液体を入れているかもしれないし・・・。と思うと、今になってちょっと恐い感じがしてきます。


《 みみずさん 》
>古いものは十年以上になるかも・・・
みみずさん、何本飲んでない酒を持っているんですか!(涙目)
先日の十四代といい、オフィスの黒龍といい・・・。
焼け石に水の如く酒の無くなる我が家では考えられない贅沢・・・。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/09 15:17

>人呼んで、これを「オフィス古酒」と言う。

う~ん、これはやはりアレでしょう(どれだっ?)。
人知れず忘れられた酒の叫びが聞こえるような。
「誰か飲んでくれぇ~!」「このまま酢になるのは嫌じゃぁ!」とかね(笑)?
だから、その酒の為にも飲んであげれば浮ばれるのでは?

投稿: 桂自然 | 2005/08/10 15:35

>桂自然さん
 酢酸菌がなければ酢には絶対なりえません。

投稿: 煮酒 | 2005/08/10 18:05

《 桂自然さん 》
>人知れず忘れられた酒の叫びが聞こえるような。
そうですよね。「貯蔵」と「放置」はやっぱり違いますよね〜。
今日もあちこちのビルから酒達の叫びが・・・?


《 煮酒さん 》
>酢酸菌がなければ酢には絶対なりえません。
おおっ、そうなんですか。酢になるには酢酸菌が必要なんですね。
毎度勉強になります。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/10 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5374418

この記事へのトラックバック一覧です: オフィス古酒!:

« 東北泉・純米カップ! | トップページ | 四季桜・純米生貯蔵! »