« 駿・本醸造! | トップページ | 阿佐ヶ谷で七夕まつり! »

2005/08/06

One and Onlyの人(その2)

世間では谷山浩子というと、メルヘンや叙情的フォーク、「みんなのうた」等の幼児向けソングの人、といった認識が主流であると思う。

それはそれで正しいし、彼女の一番売れている楽曲たちはそれらだろう。
ところが、彼女は一面ひじょうにブラックな世界を歌う暗黒の歌い手でもあるのだ。
いくつかの詩をあげてみよう…。



【ゆりかごの歌】
人は人を殺せる 誰もお前には 
教えなかった歌を 風が歌うよ
人は人を殺せる 歌はくり返す
人は人を殺せる そう作られた



【意味なしアリス】
頭にきたよもう アリスは
公爵夫人の頭を持って
鍋にぶちこんで キノコと煮てみた



【不眠の力】
明け方に彼の家のまわり 5キロ四方
いちめんの砂漠になる 人は死に絶える
やがて彼の美しい 死骸の上に
自由になった わたしの心がかがみこむ



【仇】
私の 父の仇 恋人



【闇に走れば】
このまま二人 このままずっと 
二度と戻れぬ 闇の中へ

力を込めて 力を込めて 
アクセルを 踏んであなた





【鬼こごめ】
知らない人が 笑いかけてる
わたしの腕をつかんだ

冷たい指が 皮膚を破って
血の中に入ってくる



【歪んだ王国】
歪んだ王国の 歪んだ鏡に 
僕と君だけが まっすぐにうつる

〜中略〜
死者のざわめきと 身もだえ泣く声
翼ある鳥は翼をもぎとれ

世界へと続く 通路をとざせすべて

そして僕たちは 王宮の床に
輝く偽りの歌を 刻みつけた



【紙ひこうき】
飛んでいけよ 紙ひこうき 
あの人の胸に つきさされ
飛んでいけよ 紙ひこうき 
あの人の人生に つきさされ



【ドッペル玄関】
青青赤赤黒黒透明内内外外上上地下地下

ぐるぐるっと回れば 体の裏と表も
きれいに裏返るって噂。
ラララすてきなホスト

縄で吊り下げた!
ラララすてきなホステス

裂けて中が見える!



【満月ポトフー】
ハンパな勇気ならやめとけよ 
首にアタマついてるうち
思い通り吹かなけりゃ
風も八つ裂き いい気持ち

思い通り鳴かなけりゃ
鳥もはりつけ いい気持ち
ありがとう!みんなスキだよ
にぶいやつ ちくちくからむやつ
まとめて 満月ポトフー
夜通し 鍋の中



本当のメルヘンは怖いのだ。
これらの歌詞が彼女の透明感ある可愛らしい声にかかると毒が見えなくなる。しかし、毒は無くなるわけではなく、今日も新たな中毒患者を捜しているのだ。
地酒星人にとっては、彼女は黒魔術使いの女王なのである…。

|

« 駿・本醸造! | トップページ | 阿佐ヶ谷で七夕まつり! »

コメント

地酒星人さん!文字だけだと、ただ恐ろしいことになっちゃっていますよっ!(震)
グリム童話も、もともとは残酷で毒のある話だというし・・・??ってもしかして、地酒星人(キャラクターのほう)は、ほのぼのとした風貌をしていながら、中に入っているお酒で私達をっ!キャーっ!!!(冗)

投稿: 酔ゐどれ | 2005/08/06 18:06

>文字だけだと、ただ恐ろしいことになっちゃっていますよっ!(震)
あぁ、たしかに。そうかもしれません。
谷山さんのメジャー曲をご存知ない方の場合ですと、ただのスプラッター系と思われますよね。
地酒星人キャラはですねぇ、なんなんでしょう。作者でも良く把握しておりません(汗)。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/06 23:44

はじめまして!トラックバックありがとうございました!!

暗黒の歌い手ぶりがまざまざとわかる、素敵な記事ですねぇ!私は地酒星人さんほどたくさん谷山浩子の曲を聴いたことはないのですが、あのカワイイ感じの声でおどろおどろしく暗黒な内容を聞くと、まさに怖さ倍増、でもそこが魅力ですね。

投稿: エフハリスト | 2005/08/07 07:15

エフハリストさん、コメントありがとうございます!
谷山さんほど、巷間のイメージと一部の曲とのギャップが激しい人も珍しいですよね。
>まさに怖さ倍増、でもそこが魅力ですね。
ええ、優しい癒し系の曲ばかりですと、こんなに長年ファンはやっていないかもしれません。やはりアルバムに1〜2曲、あの怖くてヘンテコな曲がありませんと・・・。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/07 10:08

谷山浩子さんが、可愛い声でこのような歌を作っているとは知りませんでした。このような曲はラジオなどではかかりませんからねぇ・・・。

中島みゆきさんも、最近はラジオで流れる局が多くなりましたが、「ちょっと・・・」という曲多いですよね(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/07 11:46

>可愛い声でこのような歌を作っているとは知りませんでした。
そうなんですよ。しかしファンは「もっとやれ!」と思っているんですよね。

谷山さんは中島みゆきさんと事務所が一緒なので、昔から仲が良いみたいですよ。数年前に「夜会」のステージで共演もしましたし。
未見なのですが、谷山さんとみゆきさんの全く正反対のボーカルがからみ合う様はすごかったらしいです。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/07 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5334335

この記事へのトラックバック一覧です: One and Onlyの人(その2):

» 「あのね」 ロウィナ・コルテス 作詞作曲:谷山浩子 [スーパードルフィー・フォトグラフィック・マニアック]
全然、人形と関係のないメモ:「あのね」ロウィナ・コルテス(Rowena Cortes,露雲娜)作詞・作曲:谷山浩子 あなたの喫った煙草のすいがら あぁ そっと口びる あててみたいの 大人のあなた なんにも知らない あぁ …... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 14:09

« 駿・本醸造! | トップページ | 阿佐ヶ谷で七夕まつり! »