« 東京のセミはたくましい! | トップページ | 夏祭りの夜・・・ »

2005/08/12

麒麟山・生酒辛口!

麒麟山辛口生酒です。
これも先日紹介の四季桜と同じく阿佐ヶ谷の「みつや酒店」で入手した一本です。
当日飲んだ限りでは、ヒネ有り・嫌な雑味有りの今ひとつ、いや、今ふたつな酒でした。
四季桜が3日おいた事で大分回復したもので、こちらも期待して昨日再挑戦してみました。

kirinzan購入当日よりは大分味が乗っては来ましたが、基本的にヒネ香・雑味は消えていませんでした。ヒネの方は熟成香として受け入れる事は出来そうなレベルなのですが、妙な雑味がどうにも好きになれません。

この麒麟山、最近いろいろな酒販店やスーパーで見かける事が多くなっています。蔵元直なのか問屋なのかわかりませんが、かなり大規模なプッシュが行われているようですね。ラベルや瓶のデザインなどにも力を入れているのがわかります。
評価されている方も多いようなので、今回の酒は特別にコンディションに優れない一本という事だったのかもしれません。
(こういう事が続くとフラストレーションがたまります。)
llllll(-_-;)llllll ずーん

【スペック】
麒麟山・生酒辛口720ml/麒麟山酒造(新潟県東蒲原郡阿賀町)使用米:五百万石(麹)・ゆきの精(掛) 精米歩合:60% 日本酒度:+6 酸度:1.3 アミノ酸度:1.1 使用酵母:G9 アルコール度数:15度 価格:998円 購入場所:みつや酒店(阿佐ヶ谷) 出荷年月日:05.06

|

« 東京のセミはたくましい! | トップページ | 夏祭りの夜・・・ »

コメント

麒麟山は3年くらい前に色々飲みました(と言っても3種類ですが・・・)。
新潟のお酒らしくない味わいで(村祐程ではありませんが)、美味しかったですよ。
辛口シリーズではなかったので、格差がありすぎという事なのでしょうか?

「磯自慢」や「喜久酔」を飲まないと(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/12 08:10

>「磯自慢」や「喜久酔」を飲まないと(笑)。
はい、そうしたいと思います(苦笑)。

ここ数日の山輝亭さんのブログとなんか境遇が似ていますよね。
でも、懲りずに新しい酒を飲んでしまう酒飲みの性(さが)。
この土日は旨い酒に巡り合いたいものです。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/12 09:33

確かに、こういうお酒が続くと、どーん・・・となりますね。
コンディションの問題なのか
味自体なのかわかりませんが
土日に良いお酒に巡りあえると良いですねー!!
私もこの土日はお土産(自分用)の日本酒を試してみたいです。

投稿: まき子 | 2005/08/12 10:10

思ったのですが、一度「炭臭」を疑ったほうが良いかもしれません、老ね香よりも。

投稿: 煮酒 | 2005/08/12 10:12

麒麟山・・・名前は知っているのですが、実際、関西飲み屋さんなどでは、見かけません。
試しに飲んでみたいものです。
それにしても、奇抜なラベルですね。 ^0^

>今回の酒は特別にコンディションに優れない一本という事だったのかもしれません。

逆に、最近、それなりに美味しいお酒ばっかり飲んでるから、こういうのもいいかも・・・?ってことで。(笑)

投稿: hanna | 2005/08/12 10:31

《 まき子さん 》
ここで味のわかっている安心の旨酒をはさむか、新たな酒を求めてハンティングするかは悩むところです。
>この土日はお土産(自分用)の日本酒を試してみたいです。
東北の酒ですね?良いですね〜。


《 煮酒さん 》
「炭臭」ですか? これは思ってもいませんでした。
酒を濾過する際に使用する炭の事でしょうか?そいいうプロセスでも臭いが移る事があるのですね〜。
いやあ、日本酒ってデリケートですねぇ。


《 hannaさん 》
>それにしても、奇抜なラベルですね。
ええ、辛口シリーズが4種あって、それらがこのデザインの色違いのようです。
他にも雰囲気の違うラベルがいろいろ有るみたいですね〜。
でも、ラベルはいいから内容を〜〜・・・。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/12 14:03

炭(活性炭素だと思ってもらえば…キムコの細かい粉)そのものには臭いはないのですが、これを使用することにより、おそらくバランスが崩れ、独特の臭いや味になります。
新潟や高知のお酒に多く感じられるのは事実ですよ。
また、一般に普通酒と呼ばれるものには共通する香りや味です。

投稿: 煮酒 | 2005/08/12 15:39

炭を使うことによってバランスが崩れるとは難しいものですね。

>新潟や高知のお酒に多く感じられるのは事実ですよ。
新潟はかなり濾過しているイメージでしたが、高知もそうとは意外でした。
○牡丹とか○佐鶴とかでしょうか?

投稿: 地酒星人 | 2005/08/12 17:41

みなさん、最近ネガティブなコメントが増えてきて、
仲間が増えてうれしく思います(すみません)。
でも、こういう出会いもあるからこそ、
新たな佳酒との出会いに心躍るんですよね。
山輝亭さんのコメントにもありましたが、
ネガティブな情報も共有して辛い時期を耐えましょう(笑)。

投稿: みみず | 2005/08/12 20:54

出来ればネガティブな記事はアップしたくないんですけどね〜。
最近、Googleでその酒を検索した時に自分の記事が一発目に出て来たりする事が多いもので・・・。
蔵元が見たら傷つくかな?と思ったりして・・・。
まあ、一消費者の忌憚の無い意見が届く時代になったとポジティブに捉えますかね!

投稿: 地酒星人 | 2005/08/13 01:08

>蔵元が見たら傷つくかな?と思ったりして・・・。
 
こういうお考えの方、多いと思います。
本当に日本酒を愛しているのなら、
否定的なコメントは出来ないはずだというお叱りを受けたこともあります。
そうなのかもしれないとは思いますが・・・・・・・
 
でも、世の中ってそんなに甘くありませんよね。
私は、仕事上否定的なコメントばかりされています。
毎日、へこんでますよ。
大事なのはそれをどう受け入れ、
どう対処していくかではないかと思います。
(無視や反論も含めて)
個人的な希望としては、
マイナス面も書いていただけるとうれしく思います。

投稿: みみず | 2005/08/13 08:16

考えてみると私も仕事上ではよく否定されまくってますね〜。
競合プレゼンなんて最たるもので、酒に例えると数社の蔵元に酒を造らせておいて、一番気に入った酒だけに金を払う、みたいな事ですからね(苦笑)。
まあ、根底に酒に対する愛情を持っての批判であれば、真っ当な蔵元であれば真摯に受け入れてもらえるとは思いますけれども。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/13 10:18

たまに、きき酒評価はプラス表現をしてくれませんか?って要望がありますが、私としては、「え?」って感じ。
なぜかというと、プラスの事をどんどん挙げていくと時間がいくらあっても足らないから。特に審査の場合、点数が多いですから、一点にそれ程長い時間かけていられません。
だから、プラス表現でって聞くと「あなたのところのお酒は、一言二言しか誉めるところがないのですか?」と思ってしまいます。
その点、減点法は非常に良く出来た採点方法だと思います。減点法には「当然良いお酒ですよ」という優しい心があると私は思います。

投稿: 煮酒 | 2005/08/13 14:56

それすら知らなかったのですが、きき酒評価は減点法なのですね?

>減点法には「当然良いお酒ですよ」という優しい心があると私は思います。
なるほど。課題を知り確認をし合うという事では、その方が的確なのでしょうね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/14 19:54

きき酒の減点法には、そんな愛情が込められていたんですね!メモメモっと。
でも、私たちが普通に数種類味わう程度でしたら、プラス評価も一緒にした方が良いかも、と思います。
人間でも、あまり欠点ばかりいわれると、いい気分しませんから。
欠点を「こういう飲み方(温度を変える、合わす食べ物を変える、など)をすれば良いよ」とコメントつけて言い合うのも、
お互い新しい発見になって面白いと思います。
というか、せっかくお金を払って買ったお酒ですから、言うべきことは言って、あとはいかに美味しく味わうかを考えた方が、お得ですよね。

投稿: macjiro | 2005/08/14 23:21

たしかに一地酒ファンのブログですから、好きに言えば良いのでしょうが・・・。
検索エンジンにかかりやすいブログの特性も有って、自分の小さなつぶやきのつもりの発言が、思わぬ影響を持つ事についてのとまどいが有ります。

>言うべきことは言って、あとはいかに美味しく味わうかを考えた方が、お得ですよね。
そうですね。ポジティブに行きたいですね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/15 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5431895

この記事へのトラックバック一覧です: 麒麟山・生酒辛口! :

« 東京のセミはたくましい! | トップページ | 夏祭りの夜・・・ »