« オフィス古酒! | トップページ | 東京のセミはたくましい! »

2005/08/10

四季桜・純米生貯蔵!

先日の阿佐ヶ谷七夕祭りに行った際、阿佐ヶ谷パールセンターの「みつや酒店」で購入した四季桜の純米生貯蔵酒です。
以前に特別純米酒を試した事が有るのですが、久しぶりに四季桜を飲んでみることに(というか、この酒屋の品揃えで購入意欲の湧く酒があまりなかった事にもよる)。

sikisakura四季桜というと印象に残っているのが、白粉のような独特の香り(そう感じているのは地酒星人だけでしょうか?)。
あの香りにまた遭遇か?と楽しみに開封してみます。

「???」香りはほとんど感じられません。
口に含んでみます。
びみょ〜〜に感じる老ね香。そしてなんとも水っぽく感じられる飲み口。酒の一番旨く感じる部分が平板な印象。どうした事でしょうか?

ひとつには酒販店での保管状況が考えられます。買った際は冷蔵されていましたが、その前後に問題がなかったか。また、この季節ですから家に持って帰る際に劣化を起こした事も考えられます(一応、保冷剤入り保冷パックを持参はしたのですが・・・)。
いずれにしても、以前の四季桜の面影はほとんど感じられませんでした。
これが開封当日の印象。

その後、中3日ほど空けてから飲んでみると、大分風味が戻っていました。元々四季桜はチマチマと旨い(変な表現?)酒なのでダイナミックな部分は無いにせよ、ソフトな旨味・香味を大分感じるようになりました。
やはり保管もしくは自宅への移動の際に問題が有ったのでしょう。
なかなか難しい季節になって来ました。

【スペック】
四季桜・純米 生貯蔵酒300ml/宇都宮酒造(栃木県宇都宮市柳田町)使用米:五百万石 精米歩合:60% 使用酵母:宇都宮酵母 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:400円くらい 購入場所:みつや酒店(阿佐ヶ谷) 出荷年月日:05.07

|

« オフィス古酒! | トップページ | 東京のセミはたくましい! »

コメント

いつもトラックバックありがとうございます。
この時期は確かにお酒の購入には
気を使いますよね。
自分もクーラーBOX持参ですが
買って帰ってきてからは
2.3日冷蔵庫で落ち着かせるように
しています。
意味があるのか?わかりませんが
何だか暴れているような気がして…(笑)

投稿: 明@由紀の酒 | 2005/08/10 07:42

へぇ~「宇都宮酵母」なんてあるんですか。初めて聞きました・・・。

生酒ならともかく、生貯蔵酒なら保冷剤入り保冷パックで大丈夫だと思うのは甘いのでしょうか。

もう少し寝かせれば美味しくなりそうですが、300mlでは無くなっていますね(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/10 08:07

《 明@由紀の酒さん 》
>2.3日冷蔵庫で落ち着かせるようにしています。
四季桜と同じ日にあと2本購入したのですが、全部同じような感じでした。やはり意味はあるのではないでしょうか。


《 山輝亭さん 》
>「宇都宮酵母」なんてあるんですか。
ラベルには記載がなかったのですが、蔵元のHPにはそうありました。私も初耳です。県レベルの酵母っていくつか有りますけど、この市レベルの酵母って珍しいですよね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/10 09:42

開栓後、味が開いてくるってことはよくあることです。この四季桜で実験はしていないので、断言は出来ませんが、保管も運搬も問題は無いと思えます。
酒は生き物ですが「生鮮食料品」ではないですから、開けて慌てて飲んで、本当の旨さを逃す事が無いようにみてやらなければいけません。

投稿: 煮酒 | 2005/08/10 10:01

300ml瓶って、こういうお酒が多くありませんか?
初心者向けというか、お手軽というか、差し障りがないというか・・・・・・・
蔵のイメージとは違うものが結構出ているような気がします。

投稿: みみず | 2005/08/10 13:02

《 煮酒さん 》
>開栓後、味が開いてくるってことはよくあることです。
ああ、たしかにそんな感じでした。

>開けて慌てて飲んで、本当の旨さを逃す事が無いように
貧乏性なもので、買ったその日に飲んでみたくなっちゃうんですよね〜。


《 みみずさん 》
>300ml瓶って、こういうお酒が多くありませんか?
う〜ん、やはり価格を含め考えると、このクラスの酒になってしまうんでしょうかねえ。
そう言われてみると300mlで、これは旨い!という酒はあまり無いかも?
でも、カップ酒では有ったりするんですよね。再び、う〜ん、ですね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/10 20:57

あれっ!?「宇都宮酵母」って「市」ではなく「蔵」の名前だと思ってました・・・。

正直、300mlってハズレにしか当たりません(変な表現ですね)。

投稿: 山輝亭 | 2005/08/11 19:24

あっ!そういえば四季桜の蔵って、“宇都宮”酒造でしたね。
この蔵独自の酵母という事なのでしょうか。蔵のHPに行ってもわからないんですよね〜。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/11 19:57

このお酒の老ね香、酒屋さんの保存も関係するかもしれませんが、生貯の火入れのタイミングがずれたも考えられますね。

投稿: 煮酒 | 2005/08/14 15:34

生貯って、蔵元で生酒を貯蔵の後、出荷の際に火入れをするのでしたっけ?
それですと、たしかにタイミングが難しそうですね。

投稿: 地酒星人 | 2005/08/14 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/5389253

この記事へのトラックバック一覧です: 四季桜・純米生貯蔵! :

« オフィス古酒! | トップページ | 東京のセミはたくましい! »