« 百々登勢 五年! | トップページ | GODIVAリキュール! »

2005/07/07

龍力・特別本醸造!

龍力(たつりき)というブランドはかなりメジャーどころでは有ると思うのだが、今まで手がのびた事はなかった。「米のささやき」シリーズ等を見るに、酒米に強いこだわりを持つ蔵である事は感じていたのだが…。あまりマニアックな気持ちを刺激されないというか、今イチ購入する動機が見つからなかった。

それが先日、特別本醸造ではあるのだが、ついに一本手に入れるに至った。
なぜって…

試飲販売の人が良い人だったから。
<( ̄^ ̄)>エッヘン

tatsurikiその日、所用ついでに何か出物はないかと新宿高島屋の日本酒売場で酒を眺めていた。高島屋は突然「鶴の友」が置いてあったりするので、近くに行った時はチェックをする事にしている。棚を眺めていると「なにかお探しですか〜?」と声をかけられた。見ると、龍力のハッピを着た日テレの藤井アナウンサーが年を取ったような感じの男性である。
「神力というお米で作った酒なんですけど、お試しされますか〜?」というお誘い。見ると、純米大吟醸ではないか。おもわず「…は、はい。」と私。
華やかな香りと濃醇な味のなかなかの佳酒である。聞くと、戦前によく使用されていた酒米「神力」を種籾から七年がかりで復活させ、やっと酒を作れるほどになったらしい。病虫害に弱く育てにくい米であり、戦後はほとんど使われてなかったそうだ。これは最近よくある話とは思いつつ、でもたしかに旨い酒が出来ているので感心した。
一本いただこうかと思ったが、一升で7000円ほど。4合瓶は午前中に全部出てしまったらしい。迷っている内に、他の大吟醸や特別純米酒等も各種試飲させてもらった。この龍力の人は、露骨に酒を売ろうとせず、自然な感じでなかなか良い人だ。選択はこちらに完全にまかせてくれている。他にも龍力の社長の酒にかける情熱の話など、いろいろ聞かせてもらった。
4合で2500円くらいの酒ならと思ったが、フィットする物が無く、上記の特別本醸造を購入した次第である。
この酒は真っ当な作りがされている事がすぐわかる酒であった。特筆すべき特徴が有るわけではない。おそらくは常備酒として、毎晩の晩酌に使うのが良いのだろう。燗をしてみたが、若干渋みが出てしまった。燗上がりのする酒かと思ったが、それほどでもないようだ。

【スペック】
龍力・特別本醸造/本田商店(兵庫県姫路市)使用米:山田錦20%・五百万石80% アルコール度数:15度以上16度未満 価格:1000円 購入場所:高島屋新宿店 出荷年月日:05.06

|

« 百々登勢 五年! | トップページ | GODIVAリキュール! »

コメント

>龍力のハッピを着た日テレの藤井アナウンサーが年を取ったような感じの男性

お、お、お。
1年くらい前、小田急の地下で見た龍力の人も藤井アナ風でした。同じ人でしょうね。

えー、そのときは4合瓶がありまして。
買いました~。(・∀・)/
がっしりした旨味のある感じだったように思います。

投稿: 菱沼かれい | 2005/07/07 21:46

おおっ、奇遇というかなんというか。
あの人は押し付けがましくはないですが、結構営業成績良いかもしれませんね。
神力は4合瓶なら買ってみたかったんですけどね〜。残念でした。それにしても最近、いろんな米が出て来るようになりましたね〜。

投稿: 地酒星人 | 2005/07/08 06:59

毎日まめに更新なさってますねぇ、素晴らしい!
見習わなくては・・・・・・無理!

たくさんコメントしたいことが溜まっているのですが、1つだけ。
実は、私、龍力好きなんですよ。
この前飲んだ「秋津」が唯一のはずれでした。
特に新酒の時期のどっしり感、たまりません。
安いクラスは一通り飲んだと思います。
「神力」もいいですが、
私は「山田穂」が印象に残っています。
あとは、神戸で飲んだ「龍がすみの郷」。
どこかのPBなんでしょうか。

投稿: みみず | 2005/07/09 08:56

>毎日まめに更新なさってますねぇ、
いや、性格的に一度やめてしまうと何日もほったらかしにしてしまいそうなんで…。今のところは楽しんで更新出来てますが…。

龍力の「山田穂」が良いんですね?さっそくメモしておきます。

投稿: 地酒星人 | 2005/07/09 16:30

龍力醸造元 本田商店の地元人です。わたしも本田さんのお酒と付き合いが長くなんだかみなさんにお褒め頂くと自分もうれしくなります。
本田さんのお酒は私の印象としては「強い・男酒」だと思っています。山田錦をふんだんに使い良い酒にしあがっています。 わたしが本田さんのお酒で推薦するのは「秋津」を始めとする高級な部類ではなく、毎年12月初めに出る金・銀の新酒です。 毎年と言っても良いほど味が違います。ある意味灘の大メーカーは毎年同じ味の新酒をお出しになりそれはそれですごい技術力だと感心しますが、やはり、その年の米・気候のちがいがあるなら、おのずと新酒の味も変わるとわたしは理解しています。。  へへ

投稿: ゆうさい | 2006/05/22 16:13

ゆうさいさん、はじめまして(ですよね?)。
龍力、とてもしっかりとした造りがされている酒のイメージを持ちました。
派手さは無いですが、四隅がキチッとしている印象というか・・・。
毎年少しづつ違う味というのが地酒らしい感じがして、私も好きですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/22 23:40

>龍力のハッピを着た日テレの藤井アナウンサーが年を取ったような感じの男性である。

この方はまず間違いなく、首都圏の営業をとりしきる龍力の営業マン・K氏でしょう。
首都圏にいったい何人いるのだろうと思われる熱烈な「龍力フリーク」が生まれたのは、酒そのものの旨さに加えてこのK氏の営業によるところも大きいのです。
試飲販売のかがみのような方です。
かつては池袋西武の試飲販売にも必ずと言っていいほど姿を見せてくれていました。
今年から本格的に蔵に入って酒造りに取り組んでいるらしい蔵元のご長男も数年前まではよく試飲販売に立っておられました。(こちらは森山未来クンのそっくりさん♪)
このごろは西武には若い営業さんがお見えになるので、K氏のお顔を見る回数が減りましたが、とにかく注ぎっぷりのよさは他のお蔵の追随を許しません。じっくりと試飲させてくれ、ゆっくり選ばせてくれる懐の深さがあります。蔵元のボンも若い営業さんもK氏のお仕込みでこの同じ姿勢を持ってくれていて、龍力試飲では嫌な思いをしたためしがありません。

「神力」「山田穂」の話が出ていましたが、
このお蔵のメインはなんといっても地元・兵庫の特A地区産の山田錦を使ったアイテムです。
さらに雄町のアイテムもあり、春先から次々とでてくるこの4つのお米をそれぞれ使った生酒を試飲で利き比べるのは毎年とても楽しみです♪

ご長男がはじめて仕込んだ酒「龍(りゅう)仕込み episode1」をつい先日いただきましたが、激ウマでした。
池袋西武にはわりあい多くのアイテムがそろいますので、機会があればお立ち寄りを・・・。

投稿: ろーじー | 2006/05/23 08:08

おお〜、K氏は高名な方だったのですね。
腕利き営業マンですね。
でも、すごく物腰の柔らかい、感じの良い方ですよね。
卸や酒販店相手はいざ知らず、一般消費者相手にはあの感じの接客がよろしいんでしょうね〜。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/23 09:19

>腕利き営業マンですね。
でも、すごく物腰の柔らかい、感じの良い方ですよね。

そうなんです。首都圏にはあの方のファンも多いと思いますよ♪
京都の「英勲」のWさんなんかもそうですけど、顔なじみになると関西弁丸出しになってきて、さらに味わい深いお話をたくさんしてくれますよ。

投稿: ろーじー | 2006/05/23 22:17

首都圏にファンを抱えるK氏。素敵です(^^)。

「英勲」、飲んだ事無いんですが、なんだか試してみたくなりますね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/24 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/4859029

この記事へのトラックバック一覧です: 龍力・特別本醸造!:

« 百々登勢 五年! | トップページ | GODIVAリキュール! »