« 臥龍梅・純米酒! | トップページ | 失踪日記! »

2005/06/22

早瀬浦&喜正カップ!

なんで今週はこんなに眠いのか?と、考えてみたら理由はすぐにわかりました。サッカーです。ワールドユースとフル代表のコンフェデが重なってるんだもんなあ…。今晩もユースのモロッコ戦だし、翌日はまた代表のブラジル戦だもんなあ…(ええ、見なけりゃいいって事はわかってはいるんです)。


期待の地酒カップシリーズ第1弾は早瀬浦!

hayaseura五百万石を使用した純米酒です。さっそく開栓。
……香りがまったく無し。事前に他の酒を一杯飲んでいたので、多少鼻がにぶくなっていたかもしれませんが、香りは感じられません。これは珍しいですね。
飲んでみます。……しょっぱい!明確にしょっぱさを第一に感じます。仕込み水に海水が混じってるんじゃないかと疑うくらい。「しょっぱさアタック」の後ろ側に、ほのかに米の旨味が顔をのぞかせます。おもしろい酒です。こういうのは、初めて飲みました。飲み馴れると、しょっぱさもそんなに嫌な感じはしなくなります。
この酒は、相性ぴったりのツマミと共に味わうと、とてつもなく旨くなるんじゃないか、という予感がします。
(そのツマミが何か、はわからないんですが…。)

【スペック】
早瀬浦・純米180ml/三宅彦右衛門酒造(福井県三方郡美浜町) 使用米:五百万石 精米歩合:55% アルコール度:15度以上16度未満 価格:300円 購入場所:味のマチダヤ(中野) 出荷年月日:05.06


引き続きまして、東京・あきるの市の地酒「喜正」のカップです。

kisho酒造好適米・美山錦を使用の純米酒。ひじょうに美しいクラシカルなラベルデザインですね(早瀬浦もですが)。
この酒はひじょうにバランスのとれた酒だと思います。控えめながら、フルーティーさを感じさせる好ましい香りと、旨味・キレともにこのクラスの水準をクリアしている味。
突出したところはないですが、各ポイントに穴が無く、よくまとまっている酒だと思います。惜しむらくは、もう少し純米らしいアタックが欲しいところですが、それも個人の好みのレベルだと思います。
偏見の持たれやすい東京の地酒ですが、先日の「澤乃井」といい、この「喜正」といい、なかなか頑張っていますね。

【スペック】
喜正・純米180ml/野崎酒造(東京都あきるの市) 使用米:美山錦 精米歩合:60% 日本酒度:+2 アルコール度数:15度以上16度未満 杜氏:熊谷利夫(南部杜氏) 価格:295円 購入場所:味のマチダヤ(中野) 出荷年月日:05.06

|

« 臥龍梅・純米酒! | トップページ | 失踪日記! »

コメント

「早瀬浦」は「しょっぱい」んですか!?「しょっぱい」地酒は初めて聞きました。
でも、面白そうですね。

>偏見の持たれやすい東京の地酒ですが、
痛いところを突かれました・・・。偏見の塊です(笑)。飲んでみようと思うのですが、購入する勇気が・・・。カップ酒なら、オーダーできそうです。

投稿: 山輝亭 | 2005/06/22 06:43

たしかに「しょっぱい」酒はあまり聞かないですよね。早瀬浦は妻とシェアして飲んだので、半合しか飲んでいない計算です。ですので、先程あらためて自分の文章を読み返して「あれ?本当にそんなにしょっぱかったっけ?」と一瞬自信を無くしたんですが、妻に聞いてもやはり「しょっぱかった」と…。はい、この酒は「しょっぱい」です。

東京の地酒、とりあえずカップででも一度お試しくださいませ。

投稿: 地酒星人 | 2005/06/22 09:47

そっかー、東京にも地酒あるんですもんね!
今週末の「丹沢山」、「いずみ橋」の酒蔵巡りの次は
東京の酒蔵を責めてみます。
そしてカップ酒ゲットしてみます!

投稿: まき子 | 2005/06/22 13:10

おっ! いずみ橋に行かれるんですか?良いですねえ。レポート期待しています。

東京の蔵では、青梅の澤乃井が経営している「澤乃井園」が良いですよ。
結構観光地化しているので、混むとたいへんですけど。

あと、今度行ってみようと思っているのが福生の多摩自慢です。夏期には地ビールのビアガーデンを開いているみたいですよ。……って、ビールはまずいんだっけ。尿酸値が……(汗)。

投稿: 地酒星人 | 2005/06/22 15:26

サッカー、無理しない範囲で私も見てますよ。
全部見ようと思うときついので、
起きていられたら見るという感じです。
もう年ですからね。

早瀬浦は淡麗で無難というイメージがありますが、
しょっぱいとはね。
余り飲んでみたくないかも・・・・・・

投稿: みみず | 2005/06/22 18:45

前の会社の工場が多摩あたりにあったので
多摩自慢も気になってはいたのですが、飲んだことはないのです。
実際はどうなのでしょう?とっても気になる!
酒蔵に観光地として行くのはOKとしても
ホンキで酒を飲みに行くのであればびみょ~と思っているのは
やっぱり「東京の酒蔵」に対する偏見ですかね~~。

投稿: まき子 | 2005/06/22 23:58

>みみずさん
代表、惜しかったです。ブラジルに引き分けでした。今日のブラジルなら勝てそうだったのになあ…。今から寝るわけにもいかないので、このまま会社に行きます。
今日も一日が長いなあ…。

>まき子さん
うん、東京出身の自分としても本気の“飲み”であれば、地方の蔵へ行きたいですよね。休日の午後なんかにサクッと行くのには良いというところですかね。
ただ、澤乃井園は景観も素晴らしく、東京とは思えない立地なのでおすすめですが…。

投稿: 地酒星人 | 2005/06/23 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/4656463

この記事へのトラックバック一覧です: 早瀬浦&喜正カップ!:

» 野崎酒造・喜正 純米酒 [Open up your morning light!!]
今日のカップ酒1本目は創業明治17年の野崎酒造さんの「喜正(きしょう)・純米酒」です。このお酒、実は東京都あきる野市で造っているんです。最寄り駅は武蔵五日市駅と、さっぱりな感じです。奥多摩はよくわかりません。東京都も意外と水がいいのです。奥多摩の水質ばかりに目... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 20:37

» 喜正純米酒カップ [菱沼かれいの日本酒残日録]
東京都あきる野市の野﨑酒造のカップ酒です。¥295。15-16度。60%。美山 [続きを読む]

受信: 2005/06/23 00:34

» 早瀬浦純米稲穂カップ [菱沼かれいの日本酒残日録]
福井県美浜町 三宅彦左衛門酒造(有)の早瀬浦。¥300。 色は明るい薄黄緑色。 [続きを読む]

受信: 2005/06/23 00:35

« 臥龍梅・純米酒! | トップページ | 失踪日記! »