« 三ツ矢酒店! | トップページ | 石垣島の泡盛! »

2005/04/09

桜と戦艦大和と…

ニュースで知ったのですが、一昨日は沖縄戦で戦艦大和が撃沈されてから60年だったそうですね。
以前、何かの雑誌か新聞で読んだ記事を思い出しました。
大和は戦況不利の沖縄を援護する為に、片道分の燃料を積んで海上特攻を仕掛けたんですよね。
ご存知の通り大和は、雲霞のような米軍機による爆撃にさらされてあえなく最期を迎えるのです。
巡洋艦1艘と駆逐艦6艘が従っていたそうですが、それ以外にもいろいろな船が一緒に出航したんだそうです。
ほとんどが大和と一緒に討ち死にをしたんですが、一艘の小さな船がなんとか翌日、鹿児島の港に戻って来たそうです。
しかし無事である筈もなく、大破しているが、なんとかエンジンが動く事でようやく帰り着いたらしい。
それも後退しか出来ない状態で。ですからひじょうにノロノロとした帰還だったそうです。
その船が帰って来たのに気づいた港の周辺の人々が口々に「がんばれーっ!」「あと少しだーっ!」と声を掛け励ましたそうです。
祖国の港とあたたかく励ます人々。そしてその人達の後ろには満開の桜がたくさん咲いていたんだそうです。
奇跡の生還を果たした乗組員達は、その情景を見て皆泣いていたそうです。
見た訳でもないのに、文章を読んで思い描いたこのシーンが頭にこびりついて離れません。

(以前読んだ記憶であり、あやふやなところも多いので大和の特攻「菊水一号作戦」と違う部分があるかと思います。詳しくないのでごめんなさい。)

|

« 三ツ矢酒店! | トップページ | 石垣島の泡盛! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜と戦艦大和と…:

« 三ツ矢酒店! | トップページ | 石垣島の泡盛! »