2019/09/02

念願の柳川掘割で川下り!

福岡滞在3日目。

最終日は朝から柳川へ移動。いつか柳川で川下りをしてみたいと漠然と思っていましたが、博多から案外近いという事がわかって行動に移す事に。

Img_2803

ホテル最寄りの駅から1時間と少し。やって来ました柳川の掘割へ。

写真の“どんこ船”に乗って、約1時間の川下り。“川下り”というと急流を行くイメージがありますが、水の流れはごく緩やかで。

Img_3414

船頭さんが竿を使ってゆっくり進んで行きます。この堀割は江戸時代に人工的に作られたもので、浅いんです。

町の中心部2km四方に60kmもの長さの掘割が張り巡らされています。

以前は生活用水として使われていたそうですが、高度経済成長期に上下水道が完備した事で使われなくなり、ゴミにあふれた川になってしまった時期があるそうで。

Img_3416

その後、地域の人々の尽力があって元の掘割に再生されたそうです。

(この辺り、スタジオジブリの高畑勲監督作品「柳川掘割物語」に詳しく描かれていますね)

Img_3412

この日も暑かったのですが、水の上を移動していると時折涼しい風が渡って来ます。

船頭さんのとてもユーモラスな解説を聞きながら。

外国からのお客さんも増えて、英語・中国語・韓国語もマスターしているそう。

Img_3425

川下りを終えたら、もう一つの目的へ。

Img_3424

鰻で有名な若松屋さん。

名物の“せいろ蒸し”をいただきます!

Img_2805

鰻の前に酒のアテに選んだのはムツゴロウの佃煮。け・・結構大きい!

15cmくらいの長さがあります。結構骨が固くてバリバリと噛み砕きながら。

Img_2804

お酒は地元の菊美人・本醸造。しっかりした飲み口の酒。

Img_2806

いよいよ運ばれてきた鰻のせいろ蒸し。

Img_2807

じゃ〜ん。鰻・ご飯・そして上に乗せられている錦糸玉子すべてが一緒に蒸されており。

ご飯には鰻のタレがしっかり染みていて、全体に茶色くなっています。

湯気の立つ熱々の鰻とご飯を少しづついただきます(熱すぎて勢いよくは食べられません)。

タレはかなり甘口で、鰻の身は柔らかくホロホロで美味しかったです!

今まで食べたことの無い鰻料理でした。

Img_2812

帰りは柳川から高速バスに乗り、直接福岡空港へ。

空港で最後の博多グルメを食べるつもりでしたが、柳川での鰻が効いてしまいずっと満腹感が。

仕方なくハイボールをちびちび飲んで、搭乗を待つのでした。

バタバタの福岡3日間でしたが、楽しかったです!

 

| | コメント (4)

2019/08/28

太宰府・室町将軍、そして磯貝!

博多滞在2日目は太宰府天満宮へ。

Img_3357

しっかりとお祈りして来ました。

Img_2772

おみくじも大吉が出て、運気も上々♪

Img_3359

ベタですが、参道では梅ヶ枝餅もいただきました。

出来立ての熱々で、これは美味しい。餅の弾力と香ばしさ、粒あんの丁度いい甘さと。

人から土産でもらう固くなった梅ヶ枝餅とは段違いですね。この味ならば太宰府の名物と言えましょう!

Img_3362

そしてそして天満宮から少し逸れた道へ。七色に次々と照明が変わるトンネルを抜け・・・。

Img_3366

今回の旅の主目的のひとつ、九州国立博物館へ。

Img_3365

特別展「室町将軍-戦乱と美の足利十五代」。

初代・尊氏から最後の義昭までの足利将軍に関する国宝や重要文化財の数々が展示されています。

Img_3370
九博のエントランスを抜けると、巨大な博多祇園山笠の山車が展示してあってびっくり。

天神一丁目のものだそう。

Img_3378

展示の中で唯一写真撮影が許されている将軍の坐像のスペース。

一体一体が個性豊か。瞳の中には細工がされているようで、照明を受けてキラキラ輝いているんですね。

初代の尊氏のイメージは“荒武者”だったのですが、ちょっと目尻の下がったスマートなイケメンぶりに驚きました。

みるからにリーダーシップがありそうで、これはみんな、ついて行きますわ。

バラエティ豊かな構成で、良い特別展でした。

この「室町将軍展」、開催を知ったのはももクロの“しおりん”こと玉井詩織ちゃんがアンバサダーをしているからだったんですけどね(笑)。

さて、太宰府から博多へ戻り向かったのは天神イムズ。

その上階にある居酒屋「博多漁家 磯貝」さん。

Img_3390

博多で何店舗か展開している有名店です。

Img_2775

窓からは街が一望。

Img_2776

この日も暑かったので、まずはこれでしょう!

タイルを貼ったテーブルが面白い。

Img_2777

刺身盛り。50cmはあろうかという横長の皿にレイアウト。とても新鮮、美味。

Img_2778

博多名物のゴマさば。1日目に食べた関アジには負けるけど、これも美味しい。

Img_2779

「美田」のにごり。これも福岡の酒ですね〜。

Img_3388

ホタテとアスパラの炒め。良い味です。

このお店、見えるところでは日本人の板前さんが一人で、接客スタッフはみんな外国人。

お国はどこなんだろう? 印象的にはスリランカの人達かな?

まだ早い時間で客が少なかったのもあってか、彼らは一箇所に集まって世間話(という風に見える)。

おいおい大丈夫かとちょっと不安になったのですが、呼べばすぐに気がついてくれ、オーダー間違いもない。

何よりみんな笑顔で接客してくれるので感じが良い。店を出る頃には最初の不安は無くなっていました。

Img_2793

ホテルへの帰路、橋の上から撮影。

川向こうに見えるのは中洲の屋台街。こういう風景をみると旅情が掻き立てられますね〜。

チューリップの名曲「博多っ子純情」が頭の中をリフレインしていました。

| | コメント (4)

2019/08/26

博多に来たので、ラーメンを・・・。

日頃あまりラーメンを食べないのですが、博多に来たからには、やっぱりラーメンを食べるべきかと思い。

(ある種の強迫観念か・・・)

博多の初日、夜半に天神あたりへ繰り出しました。

どうせなら屋台でと思ってフラフラしていたのですが、この夜はなんと言っても暑い。

じっとしていても汗が止まらない状態で、とても屋外で熱々のラーメンを食べる気にはなれない。

そこで、冷房の効いている店へ行く事にしました。

Img_3348

事前に何軒か調べていた中から、美味しいと評判の「Shin Shin」さんへ。

15分くらい並んで入店できました。

Img_3344

やっぱり先ずはビールで喉を潤さなければ始まりません。

Img_3347

小ぶりな餃子も美味♪

Img_3346

そしてラーメン。東京で何回か食べた博多ラーメンより濃厚に感じました。

博多ラーメンとしてスタンダードな味なんでしょうか。美味しかったです。

若い時ならば替え玉出来たんでしょうけどね〜。

Img_2783

翌日も夕刻に屋台街へ。この日は中洲。

それでもやっぱり暑いんですよね〜。どの店がいいかも知らないし、歩いている内にキャナルシティへ。

Img_3392

ここにラーメンスタジアムがあるという情報を友人から聞いていました。

Img_3404

全国から数店舗のラーメン店が出店しているようです。

その中から、これも美味しいと評判をネットで見ていた「長浜ナンバーワン」さんへ入ってみる事に。

Img_2790

結構な距離を歩いて来た後なので、やはりビールが胃に沁みます!

Img_2788_20190826195201

キンキンに冷えたグラスを一緒に出してもらえて嬉しい♪

Img_3406

そしてラーメンです。こちらのスープも濃厚で、細麺との相性も良いです。

味わいとしては、「Shin Shin」さんとすごく似ていると感じました。

(博多ラーメン初心者の感想です)

今回の旅では屋台で食べる事能わずでしたが、もっと季節の良い時に是非再訪したいですね・・・。

| | コメント (4)

2019/08/24

博多・稚加榮で関アジ堪能!

2019年の夏休みは、妻とふたり博多に行って来ました!

福岡空港へ昼頃に着。直行したのは博多の有名料亭・稚加榮(ちかえ)さん。

Img_2766

ここの店内レイアウトは面白い。

店の中央に生簀があり、周りをカウンターが囲みます。そのさらに周りに座敷。

Img_3327

この日はカウンターに陣取りました。

巨大な銀杏を使った豪華な白木のカウンターです。

Img_2757

真夏の喉を潤すのは、やっぱり生ビール。プハーッ!うまーい。

Img_2758

ここで是非食べたかったものの一つ。

イカの活き造り。時価とのことで聞いてみると3,000円代後半。それならばとオーダー。

コリコリした食感で、これもやはり美味し!

Img_2760

博多ならではの明太子尽くし。イワシ明太、イカ明太も美味しい。

Img_2762

この辺でお酒に変更。福岡の蔵「喜多屋」。トロリとした飲み口の旨口の酒。

Img_3325

そして、ここで是非食べたい本命はこれ。関アジです。

注文すると、生簀から掬って活け造りにしてもらえます。

Img_2759

じゃじゃん!なんという照り。

身はプリプリで、旨味も十分。今まで食べた事のないアジ。

というか、これは通常のアジとは別種の味わいでしょう。

醤油でもよし、ゴマだれにワサビを溶かしても絶品。

いつまででも食べ続けたい関アジでした。

Img_2765

イカのゲソは天ぷらに、アジのアラや尾は唐揚げにしてもらいました。

これももちろん、美味。

美食都市・博多の旅のオープニングを飾るにふさわしい稚加榮さんなのでした。

| | コメント (2)

2019/08/16

お盆も営業。300yen Kitchenふたたび!

暑気払い!という事で、また友人たちと集まりました。

千歳烏山の店名からは想像がつかない銘酒居酒屋「300yen Kitchen」。

Img_2753

この日も様々なお酒たちが出迎えてくれます。

Img_3310

この日の初っ端は「東一・純米大吟醸」。

Img_2737

だいぶ長いこと飲んでいなかった酒ですが、さすがの旨味、さすがのキレの良さ&柔らかさ。

美味い酒ですね〜。

Img_2735

白身魚4種の盛り合わせ。イトヨリダイが美味。

Img_2740

これも馴染みのある酒。菊姫のにごり。相変わらずのドライな飲み口。

Img_2736

この日の馬刺しもなかなか。

Img_2749

濁りシリーズ。鷹勇です。安定の旨さ。

Img_2750

こちらも久々。篠峯です。

Img_2743

山本・純米吟醸 Sunshine Yellow。

しっかりした味わいの良酒。

Img_2745

秋田シリーズ。これは鳥海山。

秋田のお酒ってみんなしっかりガツン!という味わいですよね。結構好みです。

Img_3313

最近、酒販店で目にする事が多くなった気がする越乃寒梅の純米大吟醸。

東一とは対照的な味わいの酒。でも、その個性が面白い。

Img_3307

義侠・えにし。

写真で紹介できなかった酒もいくつかありますが、今日も良く飲みました。

Img_2748

この店の壁のディスプレイ。日本酒に対する愛が感じられますな〜。

Img_2741

今度来る時は多少涼しい風が吹くようになっているかな・・・。

| | コメント (4)

2019/08/14

義侠・長期熟成酒!

珍しい古酒を入手しました。

義侠 長期熟成酒「若水」1993。

愛知県の山忠本家酒造。

こんな新聞紙に包まれています。

Img_2561

開封してみますと・・・。

Img_2565

おお、見事な黄金色。さすが1993年醸造。

味わってみますと、まずはさすがの熟成香が立ち昇って来ます。

それでもツーンとした感じはなく、穏やかな部類かと。

味わいも古酒特有のエグ味は感じますが、思ったほどではなくあっさり。

旨味もほのかに顔を出して来て、飲み進めて行く事が出来ます。

Img_2564

なんだか10年貯蔵くらいの古酒の印象。

以前に長女の二十歳のお祝いに神亀の大古酒を開けた事がありましたが、

その古酒は1994年醸造でしたから、それよりも1年旧いんですね。

この若水、まだまだ10年くらい貯蔵すればもっと味乗りしそうな感じの酒でした。

他の日本酒にブレンドする事で、手軽に古酒風味を出す事も可能です。

さて、参考までに1993年当時の社会を振り返ってみると・・・。

1月: ビル・クリントン、アメリカ合衆国大統領に就任。
2月: 荻原健司、ノルディックスキー世界選手権ファールン大会・複合個人で日本人初の個人総合優勝。
3月:新幹線「のぞみ」が山陽新幹線で運行開始、東京-博多間毎時1本ずつ運行。
4月: 天皇・皇后、即位後初の沖縄県訪問。
5月: Jリーグ開幕。
6月:皇太子徳仁親王、小和田雅子のご成婚
7月: 北海道南西沖地震、奥尻島で死者176人。
8月: 非自民・非共産連立政権である細川内閣が発足。
9月:スズキが初代「ワゴンR」を発売。
10月: サッカー日本代表対イラク戦で、ドーハの悲劇。
11月:マーストリヒト条約の発効により欧州連合が発足する。
12月:日本政府は各国からの米輸入を決定。(1993年米騒動)

いやぁ、なかなかいろんな事が有った年でしたね。

この年の米不足ですが、酒米にも影響あったんでしょうかね?

| | コメント (4)

2019/07/09

ビルの狭間のオアシス。大阪屋砂場!

ここは大好きな蕎麦屋さんです。

クライアントに近いので、ついでに数回来た事はあるけれど土曜にゆっくり訪れたのは初めて。

虎ノ門の大阪屋砂場さん。

Img_3221

まずは磯自慢の水響華で一杯。老舗なのに、いろいろな地酒を置いてあるのが嬉しい。

Img_3222

鶏皮三杯酢を合わせます。いや〜、美味い。

Img_3224

蕎麦屋でメニューにあれば、必ずオーダーするわさび芋。

神田藪より、神田まつやよりも粘度があり。これも良いですね。

Img_3223

玉子焼き。水響華をおかわり!

Img_3225

天せいろ。う〜ん、幸せ。

Img_3226

土曜は店じまいが早く、お客さんが次々と席を立ったので撮影できた店内。

映画のセットのよう。

Img_3227

東京都の登録有形文化財に指定されている建物。

大正12年の建築だとか。

Img_3228

ほろ酔いの目に映る贅沢な空間。

Img_3229

近代的なビルの狭間に存在する、ひとつのオアシスと言えましょう。

| | コメント (4)

2019/07/06

300yen Kitchenでお任せ酒を堪能!

日本酒の充実とツマミ単価の安さで驚異のコストパフォーマンスを誇る千歳烏山の「300yen Kitchen」。

またまた行って来ました!

Img_2635

この日はうら若き女性店長のお勧めをひたすらいただく事に。

Img_3206

茨城県結城市の結城酒造の「結-ゆい-」夏吟風。

 Img_3208

山形・出羽桜の大吟醸、雪女神という山形米を使ったもの。

Img_3210

同じく山形。ばくれん・超辛口吟醸!

Img_3205

ツマミもいろいろ、馬刺しなどをいただきつつ。

Img_3211

福岡県・若波酒造の「若波・純米吟醸」。

Img_3213

久しぶりに飲みます。鳥取の鷹勇の濁り酒。相変わらず美味〜い。

Img_3215

にごりシリーズ。福岡・美田の糸島産山田錦を使った山廃にごり!

Img_3216

これも大好き。島根県の扶桑鶴・にごり酒。

お酒のチョイスをお任せにすると、自分では選ばない酒にも接することが出来て、とても見聞が広がるし楽しい♫

この店、また行きますね〜。

| | コメント (7)

2019/06/13

ユニクロ酒蔵T!

ユニクロで買い物をしていたら、こんなコーナーを発見。

Img_2600

酒蔵(SAKAGURA)UT!

日本全国11の酒蔵を選び、その哲学や思想をデザインしたそうです。

Img_2601

値段もお手頃だし一枚購入するかなと一瞬思ったんですが、やっぱりやめました。

セレクトされている蔵に思い入れがさほど無いし、これ着て酒屋へ行くと店の人に間違われるなと。

| | コメント (4)

2019/06/04

ザ・プリンスギャラリー蒼天!

なんとか我が社も決算を迎える事ができ、いつも頑張ってくれている女子たち4人をご馳走する事に・・・。

向かったのは紀尾井町のザ・プリンスギャラリー。

いわゆる“赤プリ”の跡に建った東京ガーデンテラスの上層階部分のホテルです。

まずは高速エレベーターで36階へ。目の前に広がる夜景にびっくり。

Img_2587

階段を降りた35階フロアはラウンジになっていて、DJブースも有り!

ラウンジを抜けて、本日のお店「蒼天」へ。

このような感じの個室に案内されました。

国会議事堂を斜め上から見下ろす事が出来るロケーション。

手前の灯りのない広大なスペースは皇居です。

Img_3179

天井には氷を模した照明が!結構リアル。

Img_3178

前菜。

様々な花をあしらった目に楽しい盛り付け。

この中ではアーティチョーク トリュフオイル和え ミモレットチーズが美味でした。

Img_3181

吸物。薬研真丈。

Img_2572

お造りもユニークな器で。

Img_2575

お酒です。まずは喜久酔・特別純米で。

Img_3183

なかなか綺麗な器で供されます。蒼天という店名を意識したブルーの器なのだとか。照明を受けて神秘的。

Img_2576

煮物。メバルの玉子包みコンソメスープ。

プレートのデザインはコシノヒロコ氏。

Img_2578

二杯目は奥播磨・山廃純米をいただきました。

Img_2579

焼き物。筍木の芽焼き、鮑の黒酢揚げなど。

Img_2583

段差のある斬新な意匠の皿です。飽きさせませんね〜。

そして、食事は実山椒ご飯。しらす入り。

大江戸甘味噌の赤出汁も美味しかった。

Img_2584

和食のコースだと、ご飯ものの頃には満腹で辛くなる事が多いのですが、この店はちょうど良い分量ですね。

最後までしっかり味わう事ができました。

Img_2585

ラストの甘味。

雰囲気、お味共に若い女子たちには良かったんではないかな?と自己満足。

(その分、ガッツリ系の男子だとたぶん量が物足りない)

蒼天さん、何よりも非日常感を楽しめました。ごちそうさまでした!

Img_2588

| | コメント (4)

«神保町ランチョン!