2020/11/26

垂れ口の季節!

今年も黒龍・垂れ口が店に並ぶ時期となりました。

Img_3834

新酒の出始める一時期しか入手できない、うすにごりのこの酒。数年ぶりに味わえます。

アルコール度数は変わらず18度。

吟醸香はわずか。口に含むと強めの味のアタックが。

甘味が先に来て、酸味が後を追いかけてきます。

以前の垂れ口の印象よりは全体に柔らかいかな?丸くなった。

それでも美味しいお酒である事に変わりはないので、どんどん減ってしまうんですね。

【黒龍/垂れ口】

●原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール

●精米歩合:65%

●アルコール度数:18度

●内容量:1800ml

●製造年月:20.11下

●製造者:黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町松岡春日1-38)

| | コメント (0)

2020/11/20

吉祥寺“いせや”で焼売ビール!

四谷に住んでいた時は買い物といえば新宿でしたが、三鷹住みの現在は吉祥寺ですね。

そんなわけでこの日は、台所などの小物を買い出しに丸井にある無印やKEYUCAへ。

我々夫婦が移動していれば、やっぱりついでにここへ行くわけですね。

Img_3792

いせや。こちらは井の頭公園に面した支店の方。

建物が新しくなりましたね。以前の謎の昭和の建造物ではなくなりました。

なんか参道のある観光地によくある店っぽい感じですね。この日は2階の座敷へ。

Img_3791

奥の方の席からは公園の木々が見えます。

外国人のお姉さん店員にオーダー。

Img_3821

生ビールに焼売を。相変わらず大きい焼売ですが、前はもっとでかかった?・・・ような。

どうなんだろう。

Img_3822

ここの焼き鳥は安いです。味はそれなりですが、コスパは良し、だと思います。

Img_3823

勝手にねぎまと思い込み頼んだ“ネギ焼”。

ネギのみでした。そりゃそうか。

でもこれが案外おいしかった。

今度は駅に近い総本店の方に行ってみますか。

| | コメント (2)

2020/11/13

庭の鶯・辛口 純米酒!

いつもはシンプルで可愛い感じの鶯シルエットのデザインなのに、このラベルは見たこと無いぞ、と手に取りました。

庭の鶯・辛口 純米酒です。

Img_3803

香り。ややうっすらと吟香を感じます。

味わいは強め。それでも節度のある感じでキレが良し。

御燗にすると味がもう少しふくらんで来ます。

冷やでも燗でもいける、使い勝手のよろしいお酒ですね。

 

【庭の鶯/辛口 純米酒】

●原材料名:米(国産)、米麹(国産米)

●精米歩合:70%

●アルコール度数:15度

●内容量:1800ml

●製造年月:20.08

●製造者:合名会社山口酒造場(福岡県久留米市北野町今山534番地1)

| | コメント (2)

2020/11/10

牡蠣蕎麦の季節!

神田藪蕎麦に開店の11時30分少し前に入店。

一番乗りかと思いきや、既に先客がひとり。

お目当てはなんといってもこれ。

Img_3816

今年も牡蠣蕎麦の季節がやって来ました!

品の良い大きさのプリプリ牡蠣が4つ。

ふんだんに奢られている若布もポイント。

一緒に口に含むと海の香りがしてきます。

この日は業務中でもあり、酒類は遠慮しておきました。

近くの席でお銚子を並べているおじさん達を羨ましげに見つめながら、蕎麦湯を加えた汁をゆっくりいただくのでした。

| | コメント (2)

2020/11/06

三鷹・碇屋酒店!

三鷹には良い酒屋さんがあるようです。

以前に行ったことのある宮田酒店、三鷹に引っ越すことを告げた後に友人に教えてもらった天野酒店など。

そしてもう一店、発見したのが「碇屋(いかりや)酒店」さん。

三鷹駅前の中央通りを1〜2分でしょうか。左に折れてすぐのところにあります。

ご覧ください!このショーウィンドウ(と、呼びたい)。

ぎっしりと並んだ手書きの酒紹介POP。情熱を感じますね〜。

Img_3796

良い銘柄を数々扱ってらっしゃいます。

創業が1931年!昭和6年ですか。

Img_3793

入り口はこのような感じ。

店に並んだ酒にもすべて手書きPOPがつけられていて、味の特徴がびっしりと書かれています。

この感じ、小山商店にも通じる熱量・情報量です。

良い酒屋さんを見つけました!

| | コメント (4)

2020/10/27

四谷最後の晩には・・・而今・純米大吟醸!

三鷹へ越して早くも10日ばかり経ったわけですが、四谷の家で過ごす最後の晩に飲んだ酒を紹介。

而今・純米大吟醸です。

Img_3688

入手してから飲むタイミングを逃しつつ、しばらくキープしていた酒です。

新居へ越してから祝い酒としようと思っていたのですが、よく考えてみたら丸一日は引越しダンボールの中に常温放置だし、引越し業者のアルバイトのお兄ちゃんに落とされて割られる可能性もあるかと思い、貧乏性が発動して転居前夜に味わったわけです。

香りは華やかでありながら、抑制の効いた感じの良いもの。

口に含むと甘味の後に旨味が寄せてきて、その後酸味があらわれキレよくすべてを洗い流す。

そのどれもが絶妙にバランスされていて、過不足なし。どれだけでも飲み進めいけそう。

転居前夜、四谷最後の夜に実に良い酒を楽しみました。

:

【而今/純米大吟醸】

●原材料名:米(国産)、米麹(国産米)

●原料米:名張市産山田錦(100%)

●精米歩合:40%

●アルコール度数:16度

●内容量:720ml

●製造者:木屋正酒造合資会社(三重県名張市本町314-1)

| | コメント (0)

2020/10/25

三鷹と庭と澤乃井と。

三鷹の新居には小さいながら庭があります。

引越し騒ぎのなか、今までは家具の選定で精一杯でしたが、これからは庭いじりも楽しんでみたいなと思っています。

今は元気な雑草たちと、四ツ谷の家から持ってきた鉢植えたちとの共存状態。

園芸YouTubeなどを集中的に見て、知識をたくわえているところです。

Img_3785

庭の前に澤乃井を置いてみたりして(笑)。

三多摩の人間になりましたからね、いよいよ澤乃井は身近な酒となりましたよ。

| | コメント (2)

2020/10/21

三鷹へ引越しました!

無事三鷹へ引っ越すことが出来ました!

天気を心配していましたが、引越しの日は望外の良い天気でラッキーでした。

まだ室内は引越し用ダンボールが散乱しておりますが、なんとか一区切り。

それにしても、最近の風呂やトイレってすごいんですね〜。

快適、快適。数十年前からタイムトリップしてきた気分です(笑)。

Img_3776

さて、引越しの晩に楽しんだのはコレ。

七田・純米吟醸。

メロン様の香りに迎えられ、甘めのアタックを予想しますが、案外と均整のとれたバランスの良いお酒。

アルコール度数は低いながら、なにやら“凛”とした雰囲気を感じました。

【七田/純米吟醸 13 無ろ過】

●原材料名:米(国産)、米麹(国産米)

●精米歩合:50%

●使用米:山田錦

●アルコール度数:13度

●内容量:720ml

●製造者:天山酒造株式会社(佐賀県小城市小城町岩蔵1520)

| | コメント (4)

2020/10/14

三鷹へ引っ越します!

生まれた時から住んでいた四ツ谷を離れ、この度、三鷹へ引っ越す事になりました。

引越しはこの週末。天気が保てば良いけれど・・・。

年齢=四ツ谷居住年数なので、引越しが近づくにつれもっと感傷的になるかと思いきや。

膨大な荷物の片付けに追われ、それどころではなかった(汗)。

Img_3713

まあ、それでも何処にいようと美味い酒を飲んで楽しく暮らすことに変わりはなし。

写真は三鷹のKirin-Cityでのギネス。

いろいろ美味しい店やよさげな酒屋さんも三鷹にはありそうで、開拓のし甲斐がありそう。

| | コメント (2)

2020/09/30

大信州・秋の純吟!

フルーティーな感触を残しつつ、熟成味を加えたなかなかの佳酒だと思います。

安曇野でよく飲んだ大信州ですが、最近は都内のいろいろな場所で見かけて嬉しい限り。

このラベルデザインも、秋らしくて素敵です。

Img_3683

【大信州/秋の純吟】

●原材料名:米(国産)、米麹(国産米)

●精米歩合:59%

●アルコール度数:16度

●内容量:1.8l

●製造者:大信州酒造株式会社(長野県松本市島立2380番地)

| | コメント (2)

«四谷三丁目・新記で香港雲呑麺!