2020/09/23

四谷三丁目・新記で香港雲呑麺!

たま〜に無性に食べたくなる、香港雲呑麺。

あの極細面とプリッとした海老雲呑の食感、そしてスープが肝ですね。

本場に近い味を日本で楽しめるのが、四谷三丁目の交差点にある「新記」さん。

Img_3730

カウンターに通されました。

窓の外には四谷三丁目の交差点の風景が広がります。

行き交う人や車をぼ〜っと眺めながら、モルツをグビッと。

Img_3697

皮蛋豆腐をつまみにいただきます。

Img_3698

そしてお目当ての香港雲呑麺がやって来ました。

麺は香港タイプ(極細)と日本タイプ(普通の太さで玉子を使っている)が選べますが、

もちろん香港式ですよ。

Img_3699

なんだろう、本場で食べた味とは微妙に違うんですが、それでも日本では知っている限り一番近い味。

(他に本場に近いお店があったら、どなたか教えて下さい。)

Img_3728

電飾看板には香港の街並みの上を低空で飛行する旅客機の昔懐かしい写真が。

以前の香港は街中(九龍)に空港があって、ビル郡の間を離発着する感じだったんですよね。

一度経験していますが、ビルにぶつかりそうに見えて、あれは結構こわかった。

香港、早ければ仕事で来年早々出張の可能性があるのですが、コロナの問題があるからどうなるんでしょうか・・・。

| | コメント (2)

2020/09/17

伊豆でふっくら鰻を堪能!

雨模様の休日、所用があって妻と伊豆・河津へ。

伊豆急河津駅駅前。踊り子と青年もマスク姿。

Img_3663

河口付近の河津桜の並木。すぐそこは海。いつか桜の季節に来たいものです。

綺麗だろうなぁ〜。

Img_3667

用事は用事として、せっかく伊豆に来たのだからおいしいものが食べたい二人・・・。

駅からぶらぶら歩き、鰻の名店「万両」さんへ。

座敷でゆっくりくつろぎながら・・・。

Img_3658

まずは肝焼きを。大振りの肝で、苦味とタレの甘味の絶妙なハーモニー。

わさび漬けもおいしいです。

Img_3660

合わせた酒は岡山県の「喜平」が出しているその名も「鰻」。

飲み口のしっかりした純米酒で、鰻の旨味をしっかり受け止める印象。

うん、これは確かに鰻に合いますね。

Img_3661

鰻重がやって来ました。

カリッと仕上げられた表面。しかし、箸をつけるとホロっと身が崩れる柔らかさ。

ふくらみのある、優しい仕上がり。タレも甘すぎず、良いバランスですね。

このレベルは、都内でもなかなか無い。大満足。

ごちそうさまでした!

(桜の季節には行列ができる店のようです)

帰りは熱海で途中下車。

駅ビルの居酒屋で刺し盛り。出世城(静岡県浜松市)を御燗でいただきつつ。

鰆がおいしかった〜っ。

Img_3667-1

熱海からは新幹線で帰京。

1車両に我々含め10人足らずの乗客。う〜ん、この空きかたは初めて見たな。

JRさんも、なかなか厳しい状況でしょうね。

| | コメント (2)

2020/09/09

黒龍・吟醸ひやおろし!

早いもので、もうひやおろしの季節です。

Img_3652

入手したのは「黒龍 吟醸ひやおろし」。

このお酒、まさに“ひやおろし”でした。

香り、味わい。レギュラーの黒龍・吟醸をそのままボリュームアップ。

それでも黒龍らしい品を失わないギリギリのところをキープ。

巧者ですね〜。もう1本買っちゃうかも。

| | コメント (2)

2020/08/26

なんでもないようなことが幸せだったと思う(3)

コロナ禍はまだ収束とは行かないけれど、徐々に以前に戻ってきている印象の今日この頃。

ランチに行く回数も増えて来ました。

やっぱり、この“なんでもない日常”って大事ですね。

ということで、最近繰り出したランチの写真をつらつらと。

Img_3628_20200826193901

コモレ四谷に開店したパスタ専門店の「すぱじろう」。

オーソドックスなトマトソースを。

辛味が効いていて、うまいです。

お箸で食べるのもよし(フォークも置いてあります)。

この店は使い勝手がいいなぁ。

Img_3546

同じくコモレ四谷に入った星乃珈琲店。

オムライスとビーフシチューのミックス。

う〜ん、これはオムだけで良かったかな。

Img_3620_20200826193901

こちらもコモレ四ツ谷。開店日に訪れた「牛たん酒場 たん之助」。

牛タン・とろろ・テールスープのレギュラーランチ。

おしいいけど、お値段ちょっと高め。家賃が高いんだろうな。

Img_3646

舞浜イクスピアリ「ロティズ・ハウス」のローストビーフ・オムライスのセット。

Img_3639

同じく舞浜イクスピアリの「OUTBACK STEAKHOUSE」。

ランプ肉ステーキのランチ。

Img_3638

四谷三丁目の「峨嵋山(がびざん)」。

麻婆豆腐のセット。いやぁ〜、これは辛い!全身から汗が吹きでる。

でも美味い!

Img_3621_20200826193901

京王プラザホテル「樹林」のステーキランチ。

ゆったりした空間でのんびりした時間。

もっと気兼ねなく外食を楽しめるようになりたい。

うん、きっとそうなる!

| | コメント (2)

2020/08/10

夏酒!

やはり夏も盛りになると、夏限定の酒が飲みたくなります。

Img_3539

九頭龍・純米 夏しぼり。

黒龍のお蔵の醸す夏酒。福井県産五百万石を100%使用。

アルコール度数は17度と高め。原酒なのかな?

香りは駄菓子屋を思い出す。なぜかと言うと、ラムネに近いんですね。

夏っぽくてすごく良い。

口に含むとラムネに加えて、マスカットも連想。

基本は黒龍らしくすっきりと辛口の酒。甘味・旨味もありますが、全体がさらっとしている。

そして度数の強さはあまり感じず、軽やか。

うん、これは良い夏酒ですね。

 

そして・・・。

Img_3590_20200810172401

紀土・純米吟醸 夏ノ疾風。

なかなか涼しげな印象のボトルとラベルデザイン。

マスカットと薄〜くメロンを感じさせる香り。

味わいは淡麗方向で、酸味があってすっきりしています。

キレがよくて食中酒としてもいけそう。

 

という事で、梅雨明けのいきなりの猛暑の中、楽しんでいる夏酒2種でしたっ!

| | コメント (4)

2020/07/31

すっきり、あっさり酒3種!

以前は味のはっきりしたパンチのある濃い酒が好きでした。
いや、今でも“パンチ酒”は好んで飲むのですが、毎日だときつい。そんな時、取り出すのがこれらの酒。
最近はあっさりした味の酒を、多く選ぶようになってきました。

パンチ酒6 対 あっさり酒4という感じかな?
(やはり歳をとったということですかね・・・)

Img_3534

・呉春 池田酒
・久保田 千壽 吟醸
・三千盛 本醸造

本来ならそれぞれの味わいを酒別に紹介したいところなのですが。正直違いがわからない。
以前ならそれでも眉根を寄せて無理やり僅かな違いを表現していたと思うのですが、その辺の執念も薄れ・・・。
(これもやはり歳をとったということなのか・・・)
ま、それでも酒を楽しむ心はしっかり持っているつもりです。

そんな3本。共通しているのはあっさり、すっきりしている味。去り際が潔い。
いわゆる“辛口酒”と呼べばいいのか。三千盛がよく“水口の酒”と言われますが、まさにそんな感じですね。
それでも無味ということはなく、ほんのり舌の奥に旨味も感じられるので飲み続けられる。

胃に疲れがみえる時には、これらの酒が良いようです。

| | コメント (0)

2020/07/15

神田藪でソーシャルディスタンス!

3月以来の神田藪さんへ。

Img_3545

夕刻5時前くらいだったので、空いている状態でした。

店内へ入る前にアルコールでの手指消毒と、手首を使って検温。

すぐにお座敷に通されました。

Img_3626

テーブルには「感染拡大防止の取り組み」と題されたプリントが。

店内も椅子・テーブルが少なくなっていて、客同士が近づかないようになっています。

なんか、思ったより本格的にソーシャルディスタンスやってますね。

Img_3632

すみっこの窓際の席に陣取ります。

Img_3627

633は大人の義務教育! 気道確保!(笑)

という事でビールで喉をうるおし、蕎麦味噌をぺろり。

今回の蕎麦味噌は辛味がきいてます。妻いわく、青唐辛子を使っているのではないかと。

Img_3628

季節の天ぷら。南瓜、新玉葱、茗荷、茄子などなど。

美味いです。

Img_3629

穴子の白焼き。こちらも夏の味ですね。

Img_3630

この辺で菊正宗でしょう。そしてやっぱりお燗でしょう。

Img_3631

はじめて注文してみたのは、蕎麦寿司。

干瓢と玉子、そして蕎麦が巻かれています。写真の印象の約半分くらいの大きさ。

でも、つまみに丁度良いですね。

Img_3633

締めはいつもの、せいろう。

ごちそうさまでしたっ!

お会計は席にて。このあたりもコロナ前とは違うところ。

Img_3635

帰り際、見つけたテイクアウトの告知。

神田藪がテイクアウトか〜。がんばってるんだな〜。

老舗中の老舗なので、もっと超然としているのかと思いきや、世の流れに合わせて柔軟に対応しているのでした。

また来ますっ!

Img_3634

| | コメント (0)

2020/06/25

餃子のハルピン!

食べログの“餃子百名店”にセレクトされた「餃子のハルピン」へ。

三鷹駅から徒歩10分くらいでしょうか。

行列が出来る人気店のようです。

Img_3624

カウンター席へ案内され、餃子の焼き上がりを待つ間に・・・。

Img_3620

青島ビールで喉を潤します。搾菜やチャーシューなどをつまみに。

Img_3621

餃子は数種類から選ぶシステム。この日はセロリとエビを。

衣がモチモチしていて厚い。具はニンニクを使っていないとの事。

それぞれの風味を楽しめます。おいしい。

Img_3622

そして小籠包。溢れ出る熱々の肉汁がたまりません。こちらもボリュームがありますね。

締めに麺類をと考えていましたが、そこに辿り着く前に満腹になりました。

う〜ん、ヒンナヒンナ(ゴールデンカムイ22巻が出ましたね:笑)。

| | コメント (4)

2020/06/21

十四代・本丸!

久々に本丸をウチ飲みです。

Img_3470

控えめながらの果実香と、スムーズな飲み口。

甘めのアタックの後、スッと切れて行きます。

基本は変わらずですね。

やはりこの内容で2千円台前半というのはコスパ良し。

人気の理由でしょう。

Img_3473

この数ヶ月の自粛で飲食店での需要が減ったせいでしょうか。

普段は入手困難なこの酒。家飲み用に簡単に手にする事が出来ました。

嬉しい事ではありますが、また入手が難しくなる方が世の中的には良い事なのでしょうね。

| | コメント (4)

2020/05/27

Apple TV 4K!

モデル末期と言われておりますが、このタイミングでApple TV 4Kを《整備済み製品》で少しお安く購入。

今まで使っていたAmazon fire TV stick初期型の動作が、あまりにもっさりし過ぎてきた事に我慢の限界でした。

Img_3440

いやぁー、世界が変わりました。

リモコンの操作に瞬時に反応。MENUボタンを押せばすぐに立ち上がります。今まではなんだったのか。

映画やYouTubeももちろんですが、MacやiPhone、iPadの画面のミラーリングもストレスフリー。

Siriの音声検索もほとんど一発で変換。

意外とものすごく便利なのが、Apple TVのリモコンでボリューム調整ができること。テレビのリモコンと合わせて使う煩わしさがない。

今のところ欠点が見当たらないですね(強いて言えばトラックパッドの反応が敏感すぎて、リモコンを持っている指のちょっとした意図していない動きに反応してしまう事くらいでしょうか)。

コロナ自粛期間の、ある意味救世主でした。

| | コメント (2)

«春のおすすめ濁り酒2本!