2018/01/21

銭湯のち神田薮!

昨日はとても良い天気。

午後からのんびり歩きながら御茶ノ水へ。
お目当てはここ。

Img_2401

神田アクアハウス「江戸遊」。
ビルの中に突然あるスーパー銭湯です。
(“スーパー”というよりは、ミニスーパーくらいの規模ですね)

Img_2400

ホントにビルの中の銭湯です。
ここでサウナも含めゆっくり湯に浸かった後は・・・
徒歩3分ほどのこちら。

Img_2402

薮蕎麦!
混み合う土曜ですが、夕方なのでスムーズに入店。
カウンターは初めて。

Img_2403

四ツ谷から御茶ノ水までを歩き、さらに銭湯に入ったのはこの瞬間の為に!
エビスで乾杯!

Img_2404

天たね。
いわゆるかき揚げですね。中には小海老がたくさん。
サクサクでエビスに合います。

Img_2406

そして菊正宗の熱燗。しみじみと美味い。

Img_2407

お次はわさびいも。
鳥獣戯画の可愛らしい器。

Img_2408

醤油と酢でいただきます。これ、大好きなんです。

Img_2409

締めはやっぱり、せいろう。
久しぶりにのんびりの土曜日でした。
ちょっぴり、江戸の風が吹いたかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

肉・肉・肉!

会社の部会で四ツ谷の焼肉店「山星」へ!

Img_2374

花弁のように盛られた肉をひたすら喰らいます!

Img_2373

なんか肉を食べると元気が出ますよね!

Img_2375

ヒレ、サーロインは言わずもがな、みすじが美味かった!

Img_2377

鮨もいただきました!

Img_1039

肉・肉・肉の宴もたまには良いものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/10

TOKYOにごり!嘉泉・純米。

この時期は酒販店にも濁り酒がたくさん置いてあり、嬉しい限り。

Img_1041

嘉泉・純米にごり酒(東京都福生市)。
この酒、特徴を挙げると、「酸っぱい」という事に尽きます。
ちなみにラベルの数値は1.8〜2.0。
うん、なかなかですね。
はじめに少し驚く酸っぱさですが、飲み進めるうちに慣れてきて旨味も顔を覗かせます。
ラベルにも薦められている通り、冷やしてまたは常温で飲むのが良さそうです。
個性的なにごり酒でした!

Img_1042_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/05

新春の臥龍梅・活性にごり!

皆様、あけましておめでとうございます。

2018年も地酒星人をよろしくお願い申し上げます。

Img_1047

というわけで、元旦に選んだのは臥龍梅の活性にごり酒!
富山県産五百万石で仕込んだ純米吟醸です。
活性ならではの開栓の時の緊張感。
元旦ならではの、朝からいただくピチピチとしたにごりの旨さよ!

Img_1046

活性にごりって、なんか酔いが早い気がします。
午後早くにはダウンして、起きたらすでに夜でした。
ある意味、正統派の元旦の過ごし方(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

よいお年を!

みなさん、2017年も本ブログに訪れていただき、ありがとうございました!

来年もまた、皆様が良き地酒に巡り合うことをお祈りします。

Img_2379

写真は先日の会社の忘年会。
ミッキーマウスと妻と次女です(笑)。
よいお年を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/12/26

新宿にいい蕎麦屋見つけた!富の蔵。

口コミに感謝!です。

妻の職場の方から推薦された蕎麦店。

Img_2341

新宿一丁目の「富の蔵」。
すぐそばに新宿御苑が見えるものの、周りはいろいろ慌ただしい感じの街。
でも、店内はすごく落ち着いていて、いい風情。

Img_2335

まずは、つまみの盛り合わせ。とても丁寧な仕事ということが一目でわかります。

Img_2340

この店は酒もいいところを揃えているようで。
「本日のにごり酒」という嬉しいフレーズに惹かれ・・・。

Img_2334

雨後の月を。
活性だからピチピチです。絶妙の旨味。

Img_2336

アナゴ天。

Img_2338

黒龍・特吟と出羽桜・枯山水。

Img_2337

そして賀茂金秀のしぼりたて。

Img_2339

もちろん蕎麦もいただきました。
いや〜、新宿にこんな店が有るのは知らなかった。
つまみ・酒・蕎麦もいいが、腰の低いご主人と気のきく女将のコンビが絶妙。
ホスピタリティ抜群です。
ちょくちょく訪れたい店、見つけました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/12/21

松翁で鳳凰美田&けんちん汁!

ひっさびさに神保町の三省堂書店で資料探し。

何冊か書籍を購入した後はぶらぶら歩いて「松翁」さんへ。

Img_2311

時間がずれていたので、すんなり着席できました。よかった。

Img_2307

昼酒の愉楽。鳳凰美田をいただきます。

Img_2308

そして名物のけんちん汁を。
濃厚で具だくさんだから、酒の肴にもなるんですね。

Img_2309

細切りの蕎麦を“濃い口”のそばつゆでいただきます。

Img_2310

蕎麦湯は鉄瓶に入ってきます。趣があって、いいですね〜。

Img_2305

松翁さん、いい酒がたくさん揃っています。
今度はもっと時間のある時に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/18

福正宗・しろき!

新酒の季節ですね。

この時期、普段はあまり濁り酒を置かない店でも買うことが出来て嬉しいです。

というわけで、そんな一本。

Img_0993

福正宗の純米にごり酒「しろき」。
金沢の福光屋謹製。
若干の微炭酸のなか、純米らしい濃厚な舌触り。
酸味もたっぷりで旨いです。
若干気になる香りがあったのですが、二日目にはそれも消えて良い塩梅に。

Img_0994

さあ、にごりの季節を楽しもう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/12

千葉の酒は良い!

先日、義父が亡くなりました。

82歳。
昭和10年に生まれ、子供の頃は苦労したみたいですが、日本の一番いい時代に壮年期を過ごせ、幸せな人生だったのではないでしょうか。
しみじみと思いました。
千葉なので、通夜ぶるまいや精進落としでは地元のお酒がふるまわれます。

Img_0921

岩の井。御宿の酒ですね。

Img_2302

そして甲子(きのえね)正宗。酒々井の酒です。
どちらもしっかりした味で、燗が合いそうでした。
特に甲子正宗は黄色く色づいていて、普段にも飲みたいくらいでした。
飾り気のない千葉の酒っていいなぁ、と。
そしてそれって義父の人柄に似ているな、とも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/14

安曇野の朝。

安曇野の旅、最終日は早朝に出発。

6時過ぎに戸外の温度計を見ると2度!まだ11月のはじめなのに!

Img_0882

慌ただしく支度を済ませ、7時頃に車に乗り込もうとしましたが・・・。

Img_0883

フロントガラスが凍結!まだ11月はじめなのに!

Img_0884

車の屋根も同様。こちらは走行に影響はないですが・・・。
どうやら夜半に発生した濃霧で水分が車体に張り付き、明け方の気温低下で凍結したようです。
エンジンをかけ、溶けるのを待って30分遅れの出発となりました。

Img_2290

帰り道、山荘のある方角を見るとご覧のように霧に覆われており・・・。
なるほどな、と思った朝でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«絶品・上ロース!食美処マルト。